桃山ビートトライブ③20171130

レポ覚書感想
全体的にニュアンス
誰の行動発言か書いてない場合は9割方亮ちゃんの話です

弥介役の副島さんが怪我なさってしまい、弥介は元から足が悪いという設定に。
本能寺の変のシーンで信長に仕える人が「足の自由がきかない弥介は逃げ切って生き延びろ。久兵衛(?)こやつを弥介に付ける。弥介が国に帰るまで側で見届けるのだ。との信長様よりの命だ」というセリフを言ってくれたので、すんなりとその設定を受け入れられました。
どうなることかと心配していましたが、そういうふうに変更するとは思わなかった。演出家も役者もすごいなぁと思いました。これがSMGOかぁ……と感動。亮ちゃんもSMGO育ち(?)なのでこういう時は頼りになりますね。さすが!

助左衛門とのシーンでキュウリ渡そうとしたけど無くて、そしたら下に落ちてて、弥介のお付きの方がめっちゃ素早く拾って渡してました

相撲
一回目負け「もっかい…!」
二回目負け「ちょっとは手加減しろよぉ」「今度はちゃんとやるからぁ!もっかいおねがいします」
三回目手加減してもらって組み合う。弥介喋る。驚いてそのまま転がるように後ずさりするりょめめ

ちほ登場の時弥介を盾に出来ないから小平太を盾にする藤次郎。小平太めっちゃ震えてる。
ちほが助けて!って言う時藤次郎の襟元掴んでガクガク揺さぶるんだけど、今日は藤次郎首絞められてて、ちほに離されたあと喉抑えてゼェゼェやってた。ちほナイス!推しの首絞め見れるとは思わなかったよ嬉しいわぁ
あとちほが戦うとき、一番最後の人股間蹴られてたよね?前からだっけ(笑)男性陣みんな股間押さえてて笑った。

三次とのシーン
ご飯渡された藤次郎「くさぃ……」
三次「うまかろう
藤次郎「ぅぅ………なんの肉…?」
三次「知らんほうが良い」
藤次郎「ぇ…………マジかよ………」

三次に放置される藤次郎
「爺さん一人にしないでよぉ
こういうのまじにがてだよぉ
やばいやばい今日やばい
今!今だよ!出てくるの!
…………来ないんかい!たすけてぇ
今日マジでやばいよぉ
いじめないでょ

セクハラ三次
乳揉うとするも逃げる藤次郎
逃げる藤次郎に向かって三次「そこより先は外じゃよ」
出るわけにも行かず少し戻って来る。
「逃げられんぞ」的なことを言われながら乳を揉みしだかれる

小平太に会いに行ってきた後の悩む藤次郎
弥介「藤次郎さーん」
藤次郎「あ?」
弥介「雨降ってますね。良いこと起こりますよ!」
藤次郎「はぁ?なんで」
弥介「雨が降ると幸せも降り込むっていうじゃないですかー」
藤次郎「初めて聞いたぞ」
弥介「弥介のくにだけなのかなーーあははははは、あはははははは、あはは…は……は………」
ここの会話が凄く安心する。藤次郎(だけじゃなくちほも小平太もあっただろうけど)は弥介の明るさに助けられたんだろうなぁって。弥介と話してる時はほぼ笑顔だし、弥介の明るさは藤次郎にとって心の支えにもなってたんじゃないかな。全部想像ですけど。このシーンも初めは暗い表情してたけど、弥介と話したことによって笑顔が戻ってきた。
藤次郎「おまえは良い奴だな」
弥介「なにがですかー」
ここで弥介がなにがって答えたのも藤次郎にとってはありがたい事だったんだろうなぁ。藤次郎(だけじゃないけど)弥介といると安心できてそうって感じました。

処刑シーンでは、取り乱すちほを止めるのは弥介なんだけど、足が不自由だから大変そうで、藤次郎も一緒にちほの肩掴んでた。前回(24日)見たときよりもちほの叫び声が凄くなってたし、踊ってるときも苦しそうに叫んだり唸ったりしてて、狂ったようにという表現がとても似合う演技でした。

中央ステージは段差が結構あるので弥介が登るの大変そうだった。大変そうというかやっと上ってるというか。腰掛けてから横になってゴロンってして足上げる感じでのぼってました。
他のシーンでは藤次郎小平太ちほの三人がセットに上がって、弥介は袖に近いところにいる感じだったので、処刑の時もそんな感じかなぁって思っていました。でもそのシーンはセットの中央ステージに上がってくれて心配だったけど、やっぱり弥介はそこ(藤次郎たちのすぐ近く)にいるのが一番似合うなぁと感じました。

踊り狂って気を失ったちほを弥介の代わりにおぶったのは藤次郎。前回は四人一緒に逃げてたけど、藤次郎の「二手にわかれるんだ」という言葉で、藤次郎とおぶられてるちほは上手へ、弥介と小平太は下手へ逃げます。処刑場から逃げてきたお宮とお竹に出会うのは藤次郎たち。藤次郎は二人に
「お前ら無事だったか!よかった。ちほも喜ぶぞ」
と声をかけ肩をポンポンしてあげます。その後すぐに追っ手に追いつかれお宮たちの腕を掴んで引き寄せる藤次郎がとてもかっこよかった。
その間もずっとちほをおんぶしたままで段差を降りたり走ったりするのでちほが2回くらいずり落ちそうになってた(ように見えた)。亮ちゃんの場合力とか体力では心配ないんだけど身長(体格?)が小さいから(貶してはいないです)おぶりにくいのかなぁと思いました。
藤次郎は大口を叩くが喧嘩は弱く、小平太との相撲にも即負ける弱さで、ビビりだしヘタレだし、男らしいイメージはあまり無いけれど、いざとなればちほをおんぶしたり女の子を助けたりできるっていうギャップが爆イケすぎだと思います。ずるいよ。
もちろん三味線弾いてるときが一番かっこいいですけど。

カテコではりょめめ手を取り合って上に上げてガッツポーズ的な感じ
今日は宇宙six四人来てて、りょめめめっちゃ探す→見つける→表情が明るくなる→手振る→宇宙四人もめっちゃ手振る→宇宙sixだけの世界
みたいな感じでした。お客さんみんな後ろ(2階席)見てるからすごい前見辛かった…みんな亮ちゃんたちを見てくれ…
ダブルカテコでは副島さんに肩を貸しながら出てくる亮ちゃん。「おもい!おもい!」って口パク(?)でずっと言ってた
ちほ一座見てるとほんと家族みたいでこっちまで幸せな気分になりますよね